株式会社kakeru

2018.05.08

  • はてな
  • twitter
  • facebook
  • pocket

デザインとテクノロジーが「障がい」をなくす?未来の松葉杖

こんにちは!西嶋です。

ゴールデンウイークは、どのように過ごされましたか?

天気の良い日も続いていたので、

旅行などレジャー施設などを楽しまれた方多いかもしれませんね。

自分の足で歩いて景色を楽しむというのは、

旅行の醍醐味だと思いますが、

年を重ねるにつれてだんだんと難しくなっていくことでしょう。

そんな時に、私たちのサポートをしてくれるのが松葉杖。

その松葉杖がテクノロジーとデザインによって変わろうとしています。

 

斬新な形の歩行器具


TABI LABさんのサイトで

「ミライの松葉杖」はどうなる?

という内容で新しいデザインの歩行器具が紹介されていました。

the walking wheelという名称で、もはや今よくみる杖とは異なります。

これまではカッコイイ!

なんてイメージはなかったのですが、若い人が使用していてもオシャレです。

またぶつからないようなセンサーを搭載しています。

なのでこれまで杖を使って歩いていて、

人とぶつかって嫌な想いをしていた人も

安心して街中を歩けるようになるかもしれません。

もしかしたら、他の器具もどんどんアップデートしていって

障がいにより、行動を諦めていた人がチャレンジできるようになるかもしれません。

デザインやテクノロジーのチカラがどんな未来を創っていくのか楽しみですね。
お問い合わせ

お気軽にお問い合せください

お問い合せ/お見積もりフォーム